マインドマップ考案者トニー・ブザン著「ザ・マインドマップ」

|
ザ・マインドマップ.jpg

マインドマップ考案者トニー・ブザン著「ザ・マインドマップ」

 同じ著者による「頭がよくなる本」のと合わせて読んで頂きたい本です。

本書はマインドマップの原理から多様な活用事例まで記述しています。

その原理はマインドマップが記憶力や創造力を強化する訳を示唆します。

多様な活用事例から職場や家庭での活用を知ることができます。

本格的なマインドマップの活用を目指す方の座右の書となるでしょう。

 またマインドマップ基礎講座に参加しマインドマップの活用を目指すなら、

必読の書といっても過言ではありません。

 さてマインドマップの活用はどうあるべきでしょうか。

確かに、マインドマップを書き続ける習慣が、その人の能力を高めます。

しかし、ただ書けば能力が上がるかといえばそれは疑問です。

 書かないより書くこと自体に脳トレ効果を期待できるのは事実です。

ところが、ただ脳トレ効果を目指すのなら任天堂でも言い訳です。

せっかくマインドマップを覚えたのなら、脳トレ効果とあわせ更に能力アップをできたらどうでしょう。

 もちろん、同じ時間を使うなら、効果をねらうなら、より効率的にすすめたいですよね。

そのめにはテーマを持ってマインドマップを書くことが不可欠です。

だからテーマ別の活用事例に従ってマインドマップをどう使うか知るに越したことはないですね。

 活用事例を記憶力向上から会議、家庭での活用まで幅広く取り上げたのが本書です。

マインドマップを通した能力開発の優良参考書としてお手元にまず一冊そろえませんか。

 また書籍でマインドマップを学ぶのはハードルが高いと感じる方は公開講座があります。

近藤がリードする【マインドマップ基礎講座】が近日開催です。

 

2018年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のコメント

2018年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アーカイブ

最近のコメント