マインドマップによるフレームワーク式文章術の参考書「考える技術・書く技術」

| | コメント(1)

考える技術・書く技術.jpg考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則

 文章を書く。

 それは、職場や家庭でまさに日常茶飯事なことでしょう。

しかしながら決してありふれ平凡なこととも言い切れないようです。

職場なら、報告書や企画書、会議資料などをほぼ毎日書いている。

家庭では、パソコンや携帯電話で次々とメールを書き、返信を書いている。

 さて、文章を書くことを考えるとどんな気持ちになるでしょうか。

もちろん、仕事だから気持ちなんかいちいち考えないかもしれませんね。

でも、仕事でも文章を書くことは気が重たいのではないでしょうか。

 気重になるのは例えば次のようなことがあるからかもしれません。

良い文章が書け具体的なノウハウがあることすら知らない。

またどのように考えたら上手い文章を書けるのかをだれも教えてくれない。

あるいは説得力のある文章はどのように構成するのか学んでいない。

 もしそうだったら文章を書くことは本当に気が重いことでしょう。

そしてそれらのことは実は多くの人に共通する悩みのようです。

 その気重さを解決する上手い方法をご存じでしょうか。

その悩みを解決してくれる方法が本書にあります。

本書であなたが学ぶことが出来る文章術は論理的思考術であり説得術です。

仕事で求められる論理力や説得力を本書で学べる「考える技術・書く技術」により養えるのです。

 DMの書き方で著名な神田昌典氏が提唱されている方法も本書にある書く技術に底通します。

底通するのは文章で人を納得させ、行動させるには、文章の型がある点です。

その点から見ると本書は論理的な思考や文章の方法論にとどまらない興味深さを読者に与えます。

 文章を書くに際してお悩みでしたら一度お読みになってはいかがでしょうか。

お読みになる時間が書くことで悩む時間を大幅に減らします。

本書を手に取ることは結果的に良い時間の投資と言っても過言ではありません。

 

コメント(1)

山下 :

文章を書くのが仕事なので、何度も書いているうちに書くのが苦手だった私も何とか書けるようにはなりました。が、論理明快すっきりというような文章は書けているとは思えないです。説得力のある簡潔な文章が書ければいいです。

2018年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2018年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アーカイブ