マインドマップで学ぶマイホーム購入術(意匠編)

|

こんにちは。

公認マインドマップインストラクターの近藤です。

 

税務署への申請やホームページの設定で手間をとっていました。

それを言い訳にマインドマップマイホーム購入術を少しお休みしていました。

一段落ついたのでまたマインドマップに触れながら進めていきます。

 

前回は環境や敷地、構造といった大事ではあるけれど、マイホームに直接関係ない話題だったかもしれませんね。今回からは目に見る、手に触れる、といったデザイン的な話で、皆さんにはより大切な話です。設計業界では意匠と言いますが、皆さんが一番興味を持たれることでしょう。意匠の中にはもちろん間取りや室内の仕上げのことも含まれます。

 

さて今回は意匠の話をしていきますが、合わせて根本的なことに触れます。
根本的とは「なぜ、そもそも、マイホームが欲しいのか」です。皆さんはマイホームに何を求めているのでしょうか。マイホームを持つと、何をすることができて、どんな状態になれるとお考えでしょうか。それを考えて頂きたいのには背景があります。

 

その背景は長年建築の設計に携わって経験したことです。意匠の話になるといきなり、壁紙の色やドアの色ぐあい、キッチンの設えなど詳細や部分的なことに拘る方がいらっしゃるのです。もちろん、詳細や部分に拘ることは良いことです。しかし、そこに拘ることが良くない場合もあるです。

 

そう言うのは、小さいことに拘ることをやっていると結局は失敗するからです。例えば、新築の家だから壁やドアは純白のかわいいものにしたい。その気持ちはよく分かります。でも、マイホームは長年住むものですね。人も齢を重ねて変化するように、家も経年変化をしていきます。当然、壁やドアも変色してきますから、色あせた内装を見て後悔する訳です。

 

また、キッチンはリビングと一体のオープンキッチンにしたい。確かに、開放感があって素晴らしい空間ができそうです。しかし、別の視点で見ると素晴らしいとは言えないのです。

 

なぜならば、オープンキッチンはいつもそこに視線が及びますから、キッチンのカウンターやシンクは丸見えです。汚くできませんから、食事あとには片付けは後にして、ちょっとだらしなくてもゆったりしたいこともありますが、そうはできません。すぐのお手入れがいつも不可欠になり、ゆったりしたいときでも気の休まるときがありません。

 

以上のように、詳細や部分に拘ると良くない場合があるのです。ではそうしないために何があれば良いのか疑問が出てくるでしょう。その答えが「なぜ、そもそも、マイホームが欲しいのか」にあります。その理由が分かっているとそれに準じて外観や内装、部屋の間取りを考えていくことができます。そしてマイホームが欲しかった理由、つまり自分の願望をよりよく満たすことができます。

 

また、欲しい理由が明確になったら、場合によってはマイホーム購入ではなく、賃貸のままで良いのかもしれません。例えば、マイホームが欲しい理由が安心感だとするならば、老後にまで及ぶローン返済を経済的な観点から見ると、年金が問題になっている状況では資金繰りが気になって安心できないかもしれません。賃貸のまま老後に備えて蓄財に励んだ方が良いかもしれません。

 

「じゃ、お金があれば安心なのか」との疑問も当然でてくるでしょう。お金があれば安心なのは事実です。ところが、お金があるかえって不安になるのも事実でしょう。思い通りに蓄財したけど、盗みや強盗に遭ったら、預金していた銀行が倒産したら、良からぬ人に騙されたら、というようにお金があればあるだけ心配も増えるものでしょう。

 

私たちは「これを『持つ』と、あれを『する』から、そういう『状態』になれる」と考えます。状態とは、充実感や安らぎ、ゆとりなど自分が望んでいる気持ちや心理状況です。例えば、「家を『持つ』と素敵なキッチンでお料理『する』から、楽しい『状態』になれる」です。でも望む状態が保証されないことは先の例から分かるように、楽しくなく苛つく状態かもしれません。

 

また「これを『する』と、あれを『持つ』ことができて、そういう『状態』になれる」と考えます。例をあげると「今期の売り上げを達成『する』と、家を『持つ』ことができて、安らぎのある『状態』になれる」です。でも、「売り上げを達成できて家を持ったら、子供立ちが部屋に閉じこもるようになり心配で安らぎどころではなくなった」となるかもしれません。

 

以上のように私たちの考え方に「持つ→する→状態」と「する→持つ→状態」の図式があるようです。でも、その図式は望んでいる状態を決して保証しません。ここに新しい図式をあげます。それは「状態→する→持つ」です。自分が望んでいる状態を感じるために、何をするの良くて、それをするために何を持つと良いのかと、結果から逆にものを考えるのです。

 

結果からものを考える図式をマイホーム購入にも適用したらどうでしょうか。自分が最も望んでいるのが安らぎの「状態」だとするならば、それを感じるために食事の後はのんびりと「する」ために、ちょっとだらしなくしても気にしなくて良いリビングやキッチンを考えた間取りや内装や敷地にあるマイホームを「持つ」のが望ましいでしょう。

 

マイホームに望んでいる状態が不明確だと部分的や詳細に入り込んで話が進みませんが、望んでいる状態が明確なとき、設計や販売をする人もそれに合わせた内装や間取り、外観を提案してくれます。また、自分が望む状態が分かっていると、それを基準に提案を選び安いのです。部分や詳細に拘ったマイホームにならず長年にわたって満足のいくマイホーム購入ができるのです。

 

それができるようにマイホーム購入に自分が望んでいる根本的な状態を明確にすることです。その状態をまず探求してみませんか。探求のためにマインドマップが役に立ちます。

 

具体的な手順はこうです。A3くらい大きな真っ白な紙を用意します。書きやすいカラーペンをそろえましょう。紙の真ん中に自分がイメージしているマイホームの絵を描き、その絵から大枝を出して望む状態(気持ちや心理状況)を言葉やイメージを思いつくまま書いていきます。言葉やイメージから更にでてくる気持ちがあるならそれも中枝や小枝に出していきましょう。

 

気持ちがある程度でたらそれを満たすためにどんなことをしたいのか、具体的な行動を書いていきます。そしてその行動を思い通りにできるにはどんな部屋や間取り、つまりリビングやキッチン、バスルームやベッドルームがあった良いのかをドンドン書いていきます。以上が自分が望む状態からマイホームを考えていく方法です。

 

自分のコンディションでマイホーム購入に望んでいる自分の状態に幅が出てきますから、マインドマップで探求する時間帯や場所を変えてやっていきましょう。場所や時間帯を変えても変わらずでてくる言葉やイメージは、あなたがマイホームに望んでいるこころの状態と言えるのではないでしょうか。

 

加えてどんな状態を求めているかの探求は自分だけではなく、伴侶やお子さんと一緒にやることも強くお勧めしておきます。自分だけが満足でも家族から不満が続出するようなら決してよい買い物をしたとは言えないでしょうし、それがかえって不幸の種になりかねません。是非、ご家族とマインドマップを書きながらマイホームに望む心の状態を探求して見ませんか。

 

マイホームは一生の買い物ですから、真面倒くさいと思ってみても、これくらいの手間を掛けても決して損はしないと思いますが、いかがでしょうか。

 

住宅雑誌やモデルルームでもらったカタログを見てあれこれ悩み始めたら根本的な探求をマインドマップでやってみませんか。詳細や部分ではなく全体的に満足のあるマイホーム購入ができるようになりますよ。

 

マインドマップはまだなら【マインドマップ基礎講座】に参加してみませんか。

マイホーム購入だけでなく人生の様々なシーンで得しますよ。

2018年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のコメント

2018年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アーカイブ

最近のコメント