マインドマップ試験勉強術(概要編)

|

こんにちは。

公認マインドマップインストラクターの近藤です。

 

収入をアップしたくありませんか。

それはもちろん誰でも望むことでしょう。

ではどうやったら年収をアップできるのでしょうか。

 

その方法は人それぞれ、転職や副業、独立起業まで様々です。

その中の有力な1つが勉強することではないでしょうか。

勉強は資格取得や能力検定を目指してです。

 

さて、その収入アップの可能性はどうでしょう。

もちろん資格や検定が収入アップを確約はしません。

しかしながら、収入アップの可能性を開くのは事実でしょう。

競争社会ですから、資格を持っている、検定を受けているのは有利です。

 

立場を変えて見たらどうでしょうか。

自分が選ぶ方になったら資格を持たない人より持っている人を選びませんか。

人材として考えたとき、やる気や人柄も大事なのは事実です。

それに加えて資格を持っている、能力検定を受けている人は安心でしょう。

以上から収入アップの可能性を開くと申し上げました。

 

つまり収入アップの1つが資格や検定の試験勉強をすることです。

合格して資格が手に入る、能力が客観的に認められる。

その結果として資格手当がつく、役職があがる、転職が有利になる。

そうやって収入アップが可能になるわけです。

 

当然、その分ハードルの高い仕事もやってきます。

それをどう考えるかですが、面倒と言えば面倒は確かです。

しかし、やりがいがあると考えてみると良いことではないでしょうか。

だって、やりがいと収入アップの両方があるからです。

 

勉強による収入アップには加えて利点があります。

独立や投機的な投資による収入アップに比べてリスクが低い。

資格があることや能力を客観的に示せることは転職にも有利です。

例えば会計士やTOIECがその典型です。

 

つまり勉強は転職による収入アップにもつながりやすいのです。

だから本人のやる気さえあればある意味ローリスクでハイリターンです。

つまり勉強することは有利な投資です。

ただしやり方次第ではローリスクでローリターンです。

望む結果を出さない、合格できない勉強がその事例です。

 

ところで勉強ブームが勝間和代さんの本で広まっています。

その発端が「無理なく続けられる年収10倍のアップ勉強法」です。

そこに「自分が幸せになるために勉強しよう」とあります。

 

なかなか魅力的にその言葉は聞こえませんか。

確かに、勉強は辛いもの、何の役に立つのかわらないものです。

でも、そのマイナスを打ち消す響きが勝間さんの言葉にありますね。

 

だって誰でも幸せになりたいのですから。

もし皆さんが勉強して収入がアップして行く。

そして幸せになれるとしたらどうですか。

どんな幸せを望みますか。

 

その幸せのためだったら勉強するのはどうでしょうか。

もちろん、あなたも勉強したいでしょう。

ではどのように勉強していますか。

 

とくに試験対策の勉強はいまどのように合格に向かっていますか。

サクサク進んでいて合格が確実ならそのまま続けましょう。

でも今年もダメかも知れないならどうしましょう。

 

そこがこのシリーズのテーマです。

効率的に合格に向けてどう勉強をするか5点に分けてを論じます。

 

1.勉強の戦略、どの順番で勉強をすすめるか

2.勉強の戦術、どんなやり方で勉強するか

3.勉強の継続、何によって勉強のやる気を出し続けるか

4.勉強の教材、教材は何が役に立つか

5.勉強の強化、どんな方法が試験に不可欠な記憶を強めるか

 

次回は1から始めましょう。

マインドマップも交えて話がすすみます。

マインドマップをまだ学んでいない方は【マインドマップ基礎講座】にご参加ください。

参加する日程が取れない方はマインドマップの書き方をご参考になさってください。

では、またこのブログでお会いしましょう。

2018年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のコメント

2018年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アーカイブ

最近のコメント