「ガンバロー」では頑張れない

|

先日のことだ。一気に、あるいはやっと、ご存じのように国会が解散になった。

 

恒例なのだろうか、国会議員の先生方が天に拳を突き上げての「ガンバロー」コールをなさっている場面をある報道番組で目にした。国政を賭けてそれぞれの政党が気勢を上げる一見威勢の良い場面だ。

 

ところが、各政党でその場面が微妙に異なる。ある政党は意気揚々と、ある政党は声とは裏腹に各人の思惑がにじみ出て別の空気が流れていた。

 

ある政党のガンバロー場面を拝見しつつ、それでは頑張れまいと失笑してしまった。

 

もちろん、これまでの政局の流れがあるから仕方がない。だが、口では「ガンバロー」と言いつつも、表情が死んでいる。あるいは、諦めの表情をしている先生方がいらっしゃる。

 

ご本人たちはご存じないだろうが、そうしながら「ガンバロー」とシュプレヒコールをやっていると、あることが確実に訪れる。もしくは、「ガンバロー」と声を聞く度に、ある状態が再現される。

 

ある状態とは本人の意識とは無関係に頑張れない状態が再来することだ。ご本人はお気づきではないだろうが、NLPで言うアンカリングというものが成立するからだ。

 

アンカリングとは、ある感情である動作をすると、動作と感情が緊縛されることだ。つまり、ある動作をしたらある感情や状態が導かれるように条件付けが成立する。人におけるパブロフの犬で知られる状態である。

 

アンカリングは感情や状態が強ければ、ご本人の意志とは関係なく、1度で見事に成立する。加えて、ある状態と動作の関係はくり返される程に強固になる。ある状態は意識的な状態だけではなく無意識的な状態も関係する。

 

状態とは、諦めややる気といった感情や、元気や落ち込みなど体の感じだ。それが、動作や言葉をする度にアンカリングの仕組みが発動して再現される。

 

ここで、学生時代を思い出して欲しい。英語の授業で正しいと思って自信満々に、例えばradioの「レィーディオ」と発音をしたことを教師に「おかしい」と指摘される。

 

ついでに「レィーディオだって、格好つけて」と同級生と揶揄されたとしよう。すると、思春期の敏感さもあいまって、強い羞恥心や憤りを感じる。

 

すると、どうだっただろうか。それ以来、英単語を発音すると嫌な目に遭うと無意識のうちに条件付けが成立し、英単語の発音が嫌になる。引いては英語の授業が嫌になったことはないだろうか。

 

極端な例かもしれないが、英語に限らず他の教科でも、そう言う経験が1度や2度はないだろうか。そうなるのは、英単語の発音をすると恥をかくという条件付け、つまり英語にマイナスのアンカリングが成立したからだ。

 

余談だが、アンカリングは学習が進行している状態だ。学習をなすところが教育だが、教育関係者の一部は、パブロフの犬を概念的にはご存じでも、それと同様のアンカリングの仕組みを「学生は犬ではない」としてか知ろうとしない。

 

そのためか、知らず知らずのうちに勉強嫌いを大量生産なさっている。もちろん、これは教育関係者の方々の能力不足をあげつらっているのではない。そうした仕組みは教育会だけではなく、世の中の多くで知られていないだけだから仕方がない。

 

閑話休題。解散後のシュプレヒコールの場面で声だけ「ガンバロー」を発せられていた先生方は、解散後にそれぞれに強い感情をもとに声を出し、拳を天に突き上げられたことだろう。

 

だが、その感情がプラスであれば、プラスのアンカリングが成立している。だが、諦めや戦う前からの敗北感がありながら、表面的に気勢を上げておいでだったら未来はある程度決まっているかもしれない。

 

「ガンバロー」と言う度に、その感情がアンカリングの発動と友に再来するからだ。だから、とってつけたような、取り繕いのガンバローでは頑張れない。その動作や声を上げる度に、国会が遠ざかる先生方がおいでになるだろう。こうして、与野党の逆転が生まれるのかもしれない。それはそれで慶賀の至りである。

 

ただし、この状況は笑ってばかりはいられないかもしれない。こうした状況は、企業における研修で数多く散見されるからだ。研修にかり出された社員は嫌々ながら儀礼的に「ガンバロー」とシュプレヒコールをする。

 

だが、その状態や感情は冷ややかなものだとどうだろうか。ご拝察のとおり、そうすること事態がやる気のなさや組織に対する冷ややかさを強化する。研修の効果が見事に一度で確立される。

 

もちろん、マイナスのアンカリングをプラスに転じる方法がある。マイナスの状態が去来するアンカリングが成立しているのだから、プラスのアンカリングが成立することも同様にして可能だ。

 

アンカリングの中和というテクニックが使えるからだ。だが、そのテクニックをここで安直に述べることは誤解をまねく恐れがあるので控えたい。

 

これから本格的な選挙戦が始まる。各先生方の活躍を心よりご祈念申し上げるばかりである。NLPの視点から国会や国政選挙をみると面白くもある。

 

NLPトレーナーでもある近藤がリードするマインドマップ基礎講座はこちら。

2021年4月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のコメント

2021年4月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

最近のコメント