2009年9月アーカイブ

マインドマップのブランチの働きとは

|

マインドマップのブランチ。

その働きについてこれまでに様々な考えを述べていた。

具体的には、メタメッセージだと、また意識の輻輳を起こすのだと。

今回は、また別の前言とは異なる新たな所見を付け加えたい。

 

ブランチは、連想というアンカリングを中和している。

中和することで、型どおりの固定的な思考から人を解放している。

 

アンカリングは、NLPの用語だった。

その意味は、簡単に言えばある刺激が反応を起こすことだ。

その1つは、古典的なパブロフの犬として周知のことだろう。

その事例では、ベルの音が犬に唾液を出させていた。

つまり、聴覚的な刺激が反応を引き起こした。

 

加えて、アンカリングはその他の刺激も射程に入れている。

刺激は先の例のように聴覚だけではなく、視覚や身体感覚も含める。

反応は大きく内部と外部の2つにわたる。

内部は身体と表象に分かれ、外部は振る舞いや表情に表れる。

更に、内部の表象は、視覚や聴覚、身体感覚に細分できる。

 

アンカリングの事例をあげよう。

古い町並みの中に、昔懐かしい駄菓子屋を見たとしよう。

そこには、子どもの頃に口にした色とりどりのお菓子が目に映る。

 

すると、どうだろう。

子どもの頃の思い出が走馬燈のように心に映らないだろうか。

また、子どもの頃に口ずさんだ歌が心に再演されていないだろうか。

あるいは、幼心にワクワクした気持ちが満ちて来るかもしれない。

 

これが、視覚的な刺激と内部反応の事例だ。

内部反応としての表象が、視覚や聴覚、身体感覚に現れている。

 

さて、前置きとしてのアンカリングから話しを先に進めたい。

マインドマップの言葉は基本的に連想で書き進める。

そうするとき、何かの介入がなければどうだろう。

 

連想は連想ゲームのようについ定型のものになりがちだ。

つまり、考えは広がるものの、型にはまった言葉を書くことになる。

これでは、新たな発想を得るどころではないだろう。

 

1つの言葉が刺激になり別の言葉を誘う。

内部の反応であるが、これまたアンカリングだ。

アンカリングは船が錨によって定点に居続ける様に似る。

刺激と反応との関係が錨と船の関係に似て、一定なのだ。

ある言葉の刺激が別の言葉を誘うのだが、一定のパターン作られる。

もしそうなら、これが紋切り型で自由な広がりを欠いた思考だ。

そうなる原因の1つがアンカリングといえるだろう。

 

では、マインドマップのブランチを書くときに何が起こるだろうか。

そう、ブランチを書いているときに、連想の流れに変化が生じる。

1つの表現をすれば、連想の中に肯定的な忘却を招いている。

 

連想に「A→A1→A2→A3・・・→An」の流れがあるとする。

この流れはAの亜種が派生するアンカリングに支配されている。

ところがブランチを書くことがこの繋がりを緩める。

 

そこでアンカリングがきれて、新たな思考の広がりが始まる。

Aだけでなく、BやCといった違った要素が入り込む。

ここにもある種のアンカリングがあるかもしれない。

だが、最初の固定的な流れとは大きく違うだろう。

これはコンテクストを変えることと同義だ。

 

固定的な連想はアンカリングと述べた。

その好例がテレビCMのキャッチフレーズに散見される。

「元気ハツラツゥ・・・」であり、「ファイト一発・・・」だ。

 

その固定的な連想にブランチを書く時間が連想に中断を強いる。

最初の言葉から次の言葉が連想されるアンカリングの自動性を断つ。

定型の、つまりワンパターンの連想を肯定的に忘却させている。

このことを冒頭でアンカリングを中和すると申し上げた。

 

換言すれば、ブランチを書くことは連想に間をとることだ。

間をとることで、刺激と反応つまり連想と連想の関係を改められる。

そうして新たな連想、引いては発想を醸成しているのである。

ここに着目すれば、ブランチを書くメリットが鮮明に見えてくる。

 

アンカリングの中和と言うと分かりにくいが、要は間をとる。

それが、手間をかけてマインドマップのブランチを書く意義だろう。

こうして、自動的で定型的に考えるのではなくより自由に考えられる。

そのための装置としてマインドマップのブランチを書くのである。

 

マインドマップのブランチは思考に間を取れと教えているのだ。

ブランチを書く行為は人を自由な思考に導いているのである。

 

記、公認マインドマップインストラクター 近藤哲生

 

 

お知らせです。

近藤哲生事務局の西島千穂です。

講座ではNLP的な観点からも近藤は講義を展開します。

今月、来月とマインドマップ基礎講座に近藤が登壇します。

マインドマップの他に様々な話しが展開する基礎講座に参加しませんか。

http://www.kondotetsuo.com/mindmap/seminar/MindMap_Basic/index.html

マインドマップの書き方について先日質問をいただいた。

「なぜ手間をかけてブランチを書くのですか」との問いだった。

 

忙しい時になぜ書くのか、と言うのが正直なお気持ちだ。

プライベートならまだしも、忙しい仕事で手間をかけるのは疑問。

なるほど、その視点からお考えには多いに共感できるところがある。

 

なかなか良い質問だったので、その回答をここにご案内したい。

 

確かに、ブランチ(枝状の線)を書かなくても良さそうだ。

しかし、ブランチはやはり書いた方が良く、結果的に得をする。

 

理由は3つある。

 

 

第一に、ブランチを書くことで思考プロセスを表示できる。

 

まず、ブランチを書かないとどうなるか。

 

セントラルイメージの周りに思いついた言葉を書き散らす。

書いている途中や、書いて数時間は自分の考えを再現できる。

だが、時間がたつと書いた過程に忘却が訪れる。

自分が何からはじめて、どう考えたのか思考の過程を想起できない。

数日後に見なおしたときには、暗号メモを見る気分になるだろう。

 

逆に、ブランチを書けば次のようなことが分かるだろう。

 

最初に書いた枝の言葉から自分が何をどう連想したか。

最初に書いた主張をどんな事実と論拠で支えようとしたか。

最初に書いた抽象的な概念をどのように具象化したか。

 

以上をブランチの繋がりを追うことで思い出せる。

つまり、連想や論理や抽象化など思考プロセスを再現できる。

再現できれば、そこから新たな思考を展開できる可能性も開ける。

 

 

第二に、太さの変化や曲線でブランチを書くことで連想を豊かにする。

 

ブランチは、根本を太く先端を細く線の幅を変えつつ、曲線で描く。

こうすることで、視覚的な変化が動きや流れなど新たに身体感覚を誘う。

赤い色が情熱を、青い色が落ち着きを感じさせるのと同じだ。

つまり、ここに共感覚のプロセスが発生する。

 

先の枝に書いた言葉からだけの連想に共感覚が重なる可能性がある。

こうして、言葉から言葉への尻取り的で短絡的な連想に幅が出る。

連想が単なる連想ではなく深みのあるものにもなるだろう。

連想に幅や深みがもたらされるのだ。

 

 


第三に、発想の飛躍がもたらされる。

 

これは、第二の共感覚による影響に似ている。

だが、それ以上の思考プロセスをここに見ることができる。

次の言葉を書こうとするとき、尻取り的な言葉の連想が既に始まる。

だが、ブランチを書くことで、その連想に間が空く。

 

間が空いた思考プロセスに意識の輻輳(サイドバンド)が起こる。

一説に、右脳は毎秒一千万ビットの情報を処理している、と言われる。

その情報が、ブランチを書くことによる中断で、左脳に流入するのだろう。

その流入がウェインガー博士が言うところの意識の輻輳だ。

ブランチを書いているとき、中断で退屈した脳は勝手なおしゃべりをする。

そのおしゃべりが意識の輻輳だが、これが発想の飛躍をもたらすことになる。

 

ウェインガー博士が提唱するDEAM手法と同様のことが起きている。

DEAMは、ある課題に対する自問と回答の記録を繰り返す。

またはその自問の途中で自己回答を素早く記録する。

 

同様のプロセスがブランチを書くことで起こる。

ブランチを書くことは、自問することと似てくる。

だからDEAMと同様のことが起きていると述べた。

 

こうして言葉からの単なる連想ではなく、意外な言葉が新たな枝に載る。

なぜその言葉を書くのか分からないが書いてみたら斬新なもの言いとなる。

この流れから、アイディアがそこに書かれるように、ブランチをわざわざ書く。

 

更に言うなら枝を書き終わってから、言葉を書くことにこだわらない。

枝を書いている途中で、閃きがおりてきたら、その瞬間に言葉を書くことだ。

閃きの言葉を書いた後に、途中にしていた枝を書いても良いくらいだ。

枝を書くことは目的ではなく、あくまで思考を展開する補助手段だからだ。

 

 

以上、3つの理由から、ブランチは書いた方が良い。

閃きも得やすくなるので、アイディアが求められる今だから得になる。

記:公認マインドマップインストラクター 近藤哲生

 

 

お知らせです。

近藤哲生事務局の西島千穂です。

多角的な視点からマインドマップ基礎講座を近藤が展開します。

9月、10月とマインドマップ基礎講座にも近藤が登壇しますよ。

http://www.kondotetsuo.com/mindmap/seminar/MindMap_Basic/index.html

2021年4月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Category Monthly Archives

2021年4月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ