2012年4月アーカイブ

あなたも記憶力を高くできる方法

|
記憶が幻のように儚くても、人は記憶によって生きるもの。

だから、どんな年になっても記憶力は高くありたい。
そのように誰でもが気にする記憶力とは何でしょうか。


何かを覚えたり、覚えた事を保ち続けたりすることもその力の一面です。
加えて、覚えたはずの事を必要な時に確実に想起できる力です。

そして、私たちが記憶力について懸念するのは、実際に想起力についてです。
覚えたつもりになっていた人の名前や仕事に関わる数字を想起できない。
同様になっていた試験勉強の要点を思い出せずに答案を書けない。

そうなると、想起力つまり記憶力の衰えに直面します。
「やっぱり自分も年だ」とウッカリ漏らすことになります。
そうした状況は、実に情けない気分ですよね、トホホ。


では、その解決策つまり想起力を高め方法とは何でしょうか。
確かに、繰り返す事はその為に資する方法でした。
でも、もっと資する方法が、関連づけです。

想起は、想起する切っ掛けと想起する当の内容との繋がりだからです。
簡単に言えば、パブロフの犬が見せた刺激と反応の繋がりです。
刺激であるベルの音と、反応である犬が涎を出す事とが、関連している。

同様にして、想起力を高めるには、そうした関連付けを強固にする事です。
自問するような思い出す切っ掛けと、思い出す対象とを強く関連づける。

そう言われても、「犬じゃないから」とお考えかも知れませんね。
でも、私たちもそうした関連づけに塗れて暮らしています。


では、関連づけ的な事例を見てみましょう。
ドアの前に立ってドアノブを見ると、自然にドアノブを回します。
横断歩道で信号が赤から緑に変わると、無意識に足を前に出します。

ドアノブを回そうとか、足を前に出そうとか、思わなくてもそうします。
ある切っ掛けでそうする事を無意識のうちに想起している訳です。

何と素晴らしい想起力と言えるのではありませんか。
では、そうした力を手に入れた過程とは何でしょうか。

ドアノブを見たら回す、信号が緑なら前に進む。
その事を繰り返し行って、強く関連づけを行ったのです。


でも、何かを覚えるには繰り返す回数が少ないに越したことはありません。
日常的にあれこれと忙しくやるべき事が、切迫していますからね。

では、繰り返す回数を少なくして何かを覚える方法とは何でしょうか。
それこそが、上手な関連付けができる頭の使い方であるマインドマップです。

マインドマップは、元々が記憶術を元に創案されました。
記憶術が想起に役立つのは、先に述べた関連付けが巧みで強力だからです。

そう言われても、納得がいかないことは自然なことでしょう。
ご説明したことは、実際には体験をして分かることだからです。

なので、覚えたい事をマインドマップに書いてみると実感できます。
「もっと早く知っておけば良かった」とそうした人が机を叩くからです。


そうした体験に興味をお持ちになったら下記をお当たりください。

記憶力を強化できる頭の使い方

|

これまでに、マインドマップを書くことが、記憶力を強化できるとご案内しました。

 

 

そうすることをもっと効果的にする方法をご存じですか。確かに、覚えたい同じ内容を繰り返し書くこともそうです。でも、それ以上に効果的つまり少ない繰り返しでそうする方法があるのです。

 

 

脳に関するある事を活用できればそうなるからです。ある事とは、脳から外部に他の感覚より大きく開かれた優先的代表システム(つまり自分が得意とする感覚)を積極的に活用することです。

 

 

前提として、記憶の強度とは、見聞きする回数と1回当たりの強烈度との積でした。だから、そうする事により効果的に覚える為に不可欠な1回当たりの強烈度を高めることができて、記憶の強度を高めることが可能だからです。

 

 

得意な感覚(ある対象に接して情報処理をする時に優先的に使う感覚)の違いは日常に出ます。例えば、得意な感覚が視覚の人は「話が見える(視覚)」、聴覚の人は「言葉が響いた(共に聴覚)」、身体感覚の人は「確かな手応えだ(身体感覚)」、と得意な感覚に関連した言葉を多用する傾向を見せます。

 

 

他には、例えば自動車を買うときに表出します。視覚が得意ならボディの色合いやフォルム、聴覚がそうならエンジンの作動音や車内の静音性、身体感覚がそうならハンドルの握り具合やシートの感触、その内の情報のどれか即ちどれかの感覚を重視して購入する傾向になります。

 

 

先の例に見られる自分の得意な感覚を意識的に活用する事は、細い水道管より太いそれから多くの水を得られる様に、ある対象に対して1回当たりの接触において多くの情報を取得可能です。覚えたい対象に接する時に1回あたりの強烈度を高めて、記憶力を強化できる個性的な頭の使い方となるのです。

 

 

その前提は、自分の得意な感覚を知る事です。先の例のような日常生活を振り返ると自覚できます。別の例ですが、異性に魅力をより感じる要素です。視覚が得意なら相手の顔やスタイルが、聴覚がそうなら話す声色や音程が、身体感覚がそうなら触れあったときの感触が、そうなる要素になりやすいのです。

 

 

日常生活から自分の得意な感覚に当たりを付けてみましょう。そして、その感覚を刺激できるマインドマップの書き方を試してみましょう。すると、ある事を覚える為にマインドマップを同じ書くにしても、そうする方が強烈度を高めるので効率的に記憶できます。上手に個性的に記憶力を強化できます。

 

 

得意な感覚別にその方法を例示します。得意な感覚が視覚の人は、絵や色合いや配置を工夫する。聴覚の人は、共感覚で書き物が聴覚を誘うように、ブランチの流れや擬音を意識して書く。身体感覚の人は、同様に温感や重量感などの身体感覚を連想させるように、色彩を選び対象の感触を表す書き込みをする。

 

 

但し、先の例は記憶力を強化できる個性的な頭の使い方のごく一部です。得意な感覚を意識してマインドマップの書き方を探求する。すると、驚くほど多くの項目を場合によってはまるで録画したり録音したりしたように覚えられます。もっと記憶力を強化できる個性的な頭の使い方を見つけることが可能です。

 

 

まず、マインドマップの書き方を身にける。次に、日常から自分の得意な感覚を意識する。そして、記憶の為にマインドマップを書く時には、マインドマップの書き方、即ちそのルールに沿って自分の得意な感覚をもっと刺激する書き方をしてみる。そうする事が個性的な頭の使い方を教えてくれますよ。

 

 

NLPの観点からもマインドマップを分かりたい。自分らしい頭の使い方に興味がある。もしそうなら、マインドマップ・マスター講座に参加してみませんか。きっと、「自分ってこうなんだ」と楽しい発見ができますよ。


その講座の詳しい内容は下記をお当たりください。

マインドマップ・マスター講座

この時期は、資格によっては本試験が将に間近です。

 

例えば、不動産鑑定士や公認会計士で直近となる学科試験は5月だからです。つまり、その本試験まで残り2ヶ月を既に割りました。

 

そうでなくても、社労士や建築士など他の資格試験もこの時期からの試験勉強を本当はどのようにしたら良いかをご存じでしょうか。

 

なるほど、テキストを読み、真面目に予備校の講座に通うことが思い浮かびますか。でも、もっと大切な事は、特に一日中勉強ができる日は特にそうですが、試験科目の実施時間に合わせて、その科目を勉強する事です。そうすれば本試験で実力を発揮できるように、自分の脳を習慣づけられるからです。

 

例えば、不動産鑑定士の短答式試験は、10時から12時まで行政法規が、13時30分から15時30分まで不動産鑑定理論の試験が実施されます。そうなので、それぞれの時間に該当する科目を勉強するのです。

 

そうして、自分の脳にその時間はその科目にたいして思考力や記憶力を発揮できるアンカリングつまり条件付けを行っていきたいのです。

 

そうする事には背景があります。オリンピックの金メダリスト達がそうして本番で最高の演技や試合結果を出していることです。例えば、スピードスケートの金メダリスト清水選手は、試合本番の時間に合わせて、普段から練習会場に入ったり準備運動をしたり、そして練習したりしていたのです。

 

話を戻します。この直前期において、本試験の実施状況に合わせて勉強するとは具体的にすべきことは何でしょうか。例えば、テキストを精読することでしょうか。いいえ、この時期にすべきことは、過去問を繰り返し解くことです。本試験の7割前後が過去問の組み合わせで作られるからです。

 

そうですから、その7割を確実に解けるように、過去問を繰り返す事によって本試験で7割の問題を正解できるようにする。そうすることは、大方の試験が設定している足きり点の6割の得点をクリアさせます。

 

つまり、そうする事が合格点を確保させます。だから、試験本番に合わせて、そうなる脳のコンディション作りつまり条件付けを繰り返すべきなのです。

 

但し、記憶の法則から、覚えたはずの事が1時間経つと5割の記憶量になり、そのことが1日たつと2割の記憶量になります。その忘却を回復させて記憶を確実に積み重ねられるように、1日後、1週間後、2週間後、1ヶ月後に繰り返して解きます。そうして、過去問の解き方を確実に記憶していきます。

 

そして、繰り返し過去問を解く事で見つけた理解不足の箇所だけをまとめます。理解を深めるために資する当該箇所の要点をマインドマップに書きます。要点とはあくまでも過去問の解き方を理解するために必要なキーワードです。効率的にマインドマップを書けるようにそのキーワードに限定して書きます。

 

大切なのでここで確認しましょう。キーワードとは過去問の解き方を想起させてくれる言わば記憶の扉を開く鍵となる言葉です。ですから、過去問の解き方についてなんでも事細かに書くことは不要です。そうではなくて数個の言葉、否ひとつの言葉で過去問の解き方を思い出せる。もしそうなら、それがキーワードです。

 

そのことをここで確認した理由は、決してマインドマップを書くことが試験勉強の目的ではない事です。そうではなくて、そうする目的は過去問の解き方を効率的手に覚える。そうして、試験本番までに合格点を獲得できる得点力を高めることです。

 

過去問を繰り返し解くことも、要点に限ってマインドマップを書くことも合格の為です。

 

 

試験の直前期に合格を目指して試験勉強をする。
または、来年度の合格を目指して早めに試験勉強を始める。

 

そのような思いを可能にするチャンスが連休の冒頭に到来しました。
その好機が、合格点を目指すマインドマップ資格試験勉強法の講座です。

 

本を本でも自分1人では思ったようにノウハウを実行できない。
やる気が続かなくて、計画的にやるべき勉強にムラがある。
模擬試験の得点が思ったように伸びない。

 

そのような試験勉強の悩みを解決したくありませんか。
もし、そうならマインドマップ資格試験勉強法の講座が効果的です。
あなたは、GWに遊びますか、それとも合格を目指して走り出しますか。

 

詳しくは下記のリンクをお当たりくださいね。

http://kondotetsuo.com/mindmap/shikakushiken/index.html

2021年4月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Category Monthly Archives

2021年4月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ