【繰り返し合格を目指せる参考書や法令集の速読法のご確認】

|
この記事は「マインドマップ資格試験勉強法」 公式メルマガ2020年11月6日号を再録したものです。

こんにちは。

勉強は順調に進んでいますか。
試験勉強法NLPコーチの近藤です。

オッと月が改まってしまいました。
気がつけば今年も今月を含めて残すところあと二ヶ月弱。
当地の霜注意報も聞こえてくるこの数日は冬の到来を知らせるようです。

皆さん、そしてあなたの地域ではどのような初冬でしょうか。
何れにしても、体調管理にはご用心くださいね。


さて、コーチングで頻繁に賜る問いは続く以下のこと。

「参考書ってどうしたら速くよめますか」
「法令集を速読するにはどうすればようですか」

ご覧の問いは一度ならずともこれを抱かれたと拝察できます。
受験生は合格を目指すに為に得点力を確実に向上させる必要がある。
本試験の設問の正解はこれをする為に多くの関連情報を求める。

その情報を獲得する為に多くの参考書と多量の法文を読むことが必須。
有限の時間でそれらの文章を読むための方法に需要があると推測した次第。


もちろん、その方法は間接的に折に触れてご案内してきました。
それがお求めの方の目に留まることの少ない場合もあるかも知れませ。
何事においても行き違いがあることは世の常なること。

そうなのですが、それを含みつつ冒頭の問いにお答えしましょう。
今回は、合格を目指せる参考書や法令集の速読法を確認していきましょう。



世に言う速読法の多数あることはご案内の通り。

例えば、「1時間で一冊の本が読める・・・」とか、
「スマホで撮るように本が読める・・・」とかがそれ。

うん、そういう方法は実にカラフル。
それができたら仕事も勉強も迅速に進みそう

一方、それらのうたい文句は決して効果性を約束しない。
そのようなことをしたら誇大広告になってしまうのだから。

むしろ、仮にそうした速読が可能なことと、
数例を効果性のあることとして例示したとしても、
仕事や勉強に有用性のあることとの間に相関性を保証できない。



速読できたとする特に勉強に関するコーチングによる結果からすると、
先の様な速読ができたと称する人の読めているつもりが聴き取れる。
例えば、模試(答練)や本試験での得点が伸びない結果を招いた。
その結果、「誤速読」ができていた状況はこれを否定できない。

もちろん、読んだ本の解釈が様々にあってしかるべきです。
書籍の通販サイトで一つの本に対する評価が多彩にある。
主観的な読解の仕方は人それぞれで何ら問題はない。

それ自体は人それぞれの楽しみでもある。
ある意味、創造的な読み方でもある。

しかし、試験にかかわる本の解釈は決してそうあってはならない。
客観的な読解、設問に正解できる参考書や法令集の読み方が必要だ。
それらの読み方は、速読に関しても同様であることは言うまでもない。



以上から、合格を目指せる参考書や法令集の読み方、
それらの結果として速読となる方法が導かれます。

その方法はご案内の通りに急がば回れの読み方。
繰り返すと、それは一発で読む方法ではない。
加えて一瞬やたった1時間で読むそれでもない。

そうするのではなくて、
以下の様に読み進める方法です。

1.意味の曖昧な言葉はこれを調べ確認する
2.係り受けの同様な言葉同士はこれを確定する
3.条件や接続に関する言葉はこれを正しく認識する
4.1から3までを行いながら繰り返して読む
5.4の正確性を模試などで定期的に客観的に検証する

実のところ、上の4は自然と速読のできてしまう方法でした。
左様に繰り返して読んだ本を再読すると知らぬ間に速く読めます。
それは実にあたり前ですが、事実そのようになれるのです。

そうした本はその中の言葉とその構文を熟知しているのですから。
すると何の苦もなく正しく立て板に水が流れるように速読できます。
繰り返し走ったことのある高速道路の標識を一瞬で正確に読めると同様。



以上は実に何の変哲もない方法です。
しかし、実際にやればできるあたり前のしかも無料の速読法。

まあ興味を覚えられたらやってみてください。
そうしてもあなたは決して損はしないのはずです。
むしろ、日常で多角的なその有用性を獲得できるのですから。

2021年4月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のコメント

2021年4月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

最近のコメント