【勉強で優位な感覚とその副要素を探求することの意味】

|
「マインドマップ資格試験勉強法」改め
「NLP資格試験勉強法」公式ブログ版2021年2月26日号


こんにちは。

勉強の調子はいかがですか。
NLP試験勉強法コーチの近藤です。

「逃げる」と言われるように今週末で今月は終わり。
合わせるかのように関西以西で緊急事態宣言は解除の見込み。

だが、コロナ感染が決して収束した訳でもない。手洗いや三密の回避はまだ必要。加えて、以前ならこの時期に恒例だった歓送迎会やお花見に伴う大勢での会食を自粛することも言うまでもない。試験勉強に専心しやすい状況は更に続く訳だ。



さて、前回は「自分に最適の勉強法を探求すること」に触れた。視覚や聴覚や触覚などの知覚で、無意識でもより活発に働いている優位(つまり得意)なある感覚(人によってはそれらの組みあわせ)に伴って、合格を目指すことにも必須である理解や記憶に有用な勉強の仕方を見つけることのご案内だった。

そのことに関して以下に続くようなご質問がよく到来する。
「自分の得意な感覚に気づくける方法って何ですか」
「優位な感覚をもっと活かすことはどうしたらできますか」

皆さんはそれらに関してどうお考えだろうか。例えば、「得意な感覚って服選びや異性の好みで分かるんじゃない?!」や「音楽の音程や音量で印象が変わるように、ある要素で優位な感覚って活かされ方が変わりそう」とご推察かも知れない。

うん、それらの想定は慧眼である。知らぬ間に得意・優位な感覚を活かした勉強法を探求する。つまり学び方を学ぶことを実践されている兆候だ。前述の事柄に対して探求の水準を高められることは、理解や記憶の亢進に効果的なことからして、「合格を目指すこと」も確かにするだけでなく、さまざまな学習にも富みに有用だ。

一方、その水準を高めることは多少たりとも複雑になるので、話を分かりやすくする為に「複雑」なままに話を進めることになる。「そんな複雑なことができれば苦労はしない」とお考えの諸氏に今回の話もお役に立てないことは前もってお断りしておく。

今回は優位な感覚をもっと活用する勉強法をご案内したい。



まず、普段は意識されない得意・優位な感覚は、ご賢察のような日常の各場面に表出しやすい。その事例を挙げる。マイカーを選ぶに際して、感覚毎に以下に列記するようなことを優先して対象を選考することに徴される。

視  覚:形や色合い
聴  覚:駆動音や車内の遮音性
身体感覚:座席の座り心地やハンドルの感触
(身体感覚:触覚や温感、筋肉や内臓などに関する感覚の総称)

加えて、「それだけじゃなくてスペックの方が気になる」という向きもあるだろう。お察しの通り、駆動機構に関する回転数や排気量の数値やそれらの説明に関する話の筋に興味を覚える得意な感覚のひとつとして「内部対話」もある。

そうした事は、映画鑑賞の感想にも以下のように現れる。
視  覚:「あの場面の構図やカメラアングルが鮮明だった」
聴  覚:「男優の声の低音や声色が心に響いたわ」
身体感覚:「アクションシーンの腹に響く効果音がたまんなかった」
内部対話:「意外性のあるストーリー展開が面白かった」

そうした日常を振り返ると自らに関する得意・優位な感覚を察することはできる。これを試験勉強でノートの取り方や要点をまとめる際に活用することが可能だ。だが、「アタシって、AIのロボットじゃないから、どれかの感覚で括れるほど単純じゃないわよ」とご不満の方もおありだろう。



左様に推察する僕にしても、視覚を優位な感覚として仕事を進めたり、私的な時間になると得意な感覚を身体感覚に転じて「まったり」と過ごすことを好む。

あるいは、考えをまとめようとマインドマップをかくに時、視覚を優位にして紙面を多彩にしたり枝の形状に変化を富ませたりする場合もあれば、枝に書き添える鍵語の響きや音感を重んじるように聴覚を優位に書き進める時もある。また、鍵語の階層や論理展開を大切にしたい内部対話を優位に考えを展開することもある。

更に言えば、先の視覚を優位な感覚としてかき広げるマインドマップを墨絵のように単色の濃淡を変えたり、文字の大きさや字体を選好した基準で換えたりする。つまり視覚を構成する感覚の副要素を変えて書いた方がより発想が広がりやすい状態も折に触れて経験してきた。

感覚を優位な感覚として聴覚をに切り換えて、ここまで書き進めている文面にしてもある段落では音韻を優先して言葉を選んだり、別の段落では好みの語調でそこに書き記す言葉を考えたりしてきた。要するに、聴覚を織りなす音程や響きと言った感覚的な副要素を随時に換えてきた。
感覚別にその代表的な副要素をいくつか以下に列記しておく。
視  覚:色相、明度、彩度、遠近、位置、大きさ
聴  覚:音程、音量、音調、響き、音源数
身体感覚:触感、温感、重量感、内臓感覚

「何をこの人はゴチャゴチャと言っているの」とはご指摘の通りだ。得意・優位な感覚は人それぞれであることは繰り返して言うまでもない。時間や場面そして状況によっても変わる。また、同じ感覚においてもその副要素によりそれが属する感覚自体の活性度も変わる。

優位な感覚とその副要素が試験勉強にも大切な理解や記憶の強化にも多いに寄与することは、我々の蔵する知性が感覚とその副要素に基礎付いて多様性を織りなすことからして、決して怪しむに当たらない。

それをノートの取り方や参考書の音読をするに際してさまざまに探求されることは、合格を目指す事においても多いに有用であることを最後に鮮明に書き記しておく。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆近藤哲生のNLP資格試験コーチングはこちらhttp://kondotetsuo.com/shikakushiken-nlp/coaching/shikakushiken_nlp_coach.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2021年4月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のコメント

2021年4月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

最近のコメント