【覚えたいことを覚えるには「覚え方を覚えよ」】

|
「マインドマップ資格試験勉強法」改め
「NLP資格試験勉強法」公式ブログ版2021年8月13日号


こんにちは。
NLP資格試験勉強法コーチの近藤です。

東京都の新型コロナ感染は制御不能と聞いた。
「大雨もコロナも同じです。災害になります」と都知事。

前者はそうだが、後者は果たしてそうなのかと大いに疑問。
こうなるまでにできたことをしなかった結果の人災だと思える。
オリンピックの予算を対策に使っていたら制御可能だったろうにと。

都やその周辺にある知人たちの息災を案ずるばかりだ。
新型コロナ感染の状況下、自己責任の対応にも限界があるのだから。



さて、盆明けにも多数の資格試験はある。
公認会計士や社労士などの難関試験が本試験となる。

それらの受験生諸氏は合格に向かって最後の力走中であろう。
合格基準の満足を目指して一点でも多くの加点に懸命のはずだ。
だがその為にどうしても覚えたいことが覚えられないこともあろう。

それはこの期に及んで困ったことだ。
とは言え、そうしたことも受験勉強の一面。
そこをなんとかすることが合格を確信する受験生だ。

では覚えたいことを覚えることはどうすればできるのか。
例えば、「それってヤッパ記憶術じゃね」とお考えだろうか。
だが、記憶術はこれ自体を記憶する術を要する悩ましさを秘める。
よって、これ自体を使う為の手間をこの時期にかけられない。

無論、「覚えたいことを覚える」ことはなんとかしたいだろう。
言うまでもなくできるだけ少ない手間でそうすることで。
しかも試験本番で覚えたことを想起しやすいように。
その方法は続いてご案内する以下の通りだ。



薬味や鍋物そしてすぬた等でしばしば食されるもの。
「万能ねぎ、わけぎ、あさつきの違い」を覚えるとする。
そもそも、それらがどのように違うのかをご存じだろうか。

「どれも緑の似たものだからよく分かんない」
そう思ってしまうのは正直なところだろう。
だが、次の様にして覚えることができる。

球根が無いのが、万能ネギ。
球根が有るのが、わけぎとあさつき。
・葉が太いのが、わけぎ
・葉が細いのが、あさつき

以上の要諦は情報の整理だ。
それぞれの特徴と共通点とで分類することだ。
そのことはマインドマップの書き方でご案内の通り。

ここでマインドマップを書くことを推奨していてはいない。
そうではなく記憶の対象に分類や階層で話の筋を付ける。
そうして論理を作ることで想起の可能性を増やしたい。

論理は話の道筋だから2時間を超える映画も想起させうる。
バックに収まらない分厚い長編小説さえ記憶にとどめる。
「覚えたいことを覚える」ことを我々に可能にする。
ちなみに前例に玉ねぎを加えると以下となる。

球根が無いのが、万能ネギとねぎ(共に葉を食べる)
球根が有るのが、わけぎとあさつきと玉ねぎ。
 ・食べる部分
  ・葉であるは、わけぎとあさつき
   ・太いのが、わけぎ(分葱:葱と玉葱(※)との雑種)
   ・細いのが、あさつき
  ・球根であるのが、玉ねぎ(※)

整理された情報は新たな情報もこれに統合しやすくする。
事例のことから我々に覚え方を明確に示している。

覚えたいことを覚えには「覚え方を覚えよ」と。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆近藤哲生のNLP資格試験コーチングはこちら
http://kondotetsuo.com/shikakushiken-nlp/coaching/shikakushiken
nlp_coach.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2021年8月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

2021年8月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ

最近のコメント