【山のような参考書やウンザリする法令集の読み方】

|
マインドマップ資格試験勉強法」改め
「NLP資格試験勉強法」公式ブログ版2021年9月17日号


こんにちは。
NLP資格試験勉強法コーチの近藤です。

九月も後半です。
今朝から当地の空模様は不穏な気配。
台風接近の前触れであることはお察しのとおり。

秋の気配が既に漂い始めていますね。
試験勉強もしやすくなってきたはずです。

次の受験に向けて勉強をもう始めましたか。


と、いきなり問われても以下の様な心持ちも拝察できる。

「第一、法令集の読みどころってどこ?」
「そもそも参考書をどこから読むのか解んない!」

上のお嘆きは講座やコーチングで頻繁に耳にしてきた。
かく言う僕も長い受験期に同様だった。
うん、その気持ちよく解るよ。

参考書や法令集を読み進めることは受験生に不可欠。
基礎知識を涵養して過去問解法の理解を深める。
過去問の解答力を強化する前提となるから。
しかし、それらの読解は実に困難。

専門用語はあるわ、
言い回しがややこしいわ、
自分に有用な読みどころが不明でもう大変。

もちろん、その悩みに対する正論はこうだ。
「いいから黙って繰り返し読みなさい」
だがそれでは取り付く島がない。
勉強を始めたり続けたりする気力が萎えそうだ。

今回は参考書や法令集の読み方を再確認してみたい。



合格を目指せる参考書や法令集の読み方とは、
何をどうすることなのか。

例えばこうだろうか。
「読書百遍自ずから通じる」
「繰り返し精読すれば解るようになれる」

確かにそうした読み方は学問の王道だ。
昔の人はそうして難解な漢籍や西洋書を読みこなした。
だが、今の僕たちがそうすることは時代的に無理ゲーだろう。

様々な勉強法、短時間で本が読めるとする読書法もある。
加えて、このご時世は、実に多忙だ。
読書百遍などと牧歌的な勉強をしていられない。
でだ、多くの受験生は冒頭の問に漂着するはずである。


最初に結論を述べる。
「自分が読むべきところから読む」のが先の答えだ。
「それが解れば苦労はしない」ときっとお考えだろうな。
だが、そのところはこれまでにご案内の方法で明確にできる。

そもそも資格試験の勉強に於ける要諦とは何だったか。
それは受験案内(要領)に定める合格基準を満たすことだ。
例えば各受験科目で最低点を上回る得点をする。
加えてそれらの合計で以下同文。
ただ満点を求めない。



一方で本試験の設問は7割ほどが過去問の組みあわせ。
よって過去問の解き方をすべからく覚えることが必須となる。
その要を満たす為に「自分が読むべきところから読む」である。
そのところは過去問集をカンニング勉強法で解けば解る。
自分が何を知っていて知らないのかを明確にできる。

以上から「自分が読むべきところ」は上記によって解る。
過去問集をカンニング勉強法で解けばわかるのだ。
そうすれば自分の「デシラ」が見えてくる。
試験に頻繁にデてシラない項目が認識できる。



その「デシラ」をデシル(頻出の解き方をシル)に転じたい。
その思いを果たせるような知識・技能を参考書や法令集から得たい。
その目的を満たせるところが「君の読むべきところ」なのだよ。

もちろん初学者は知識や技能を大いに欠いているだろう。
だとしてもデシラの程度は濃淡を有しているはずだ。
だからより濃厚なデシラに該当する項目から読めば良い。



以上が今回のご案内だったがいかがだろうか。
「それってヤッパ無理ゲー」だとお考えだろうか。
だがそれでも合格を目指しているならば答えはこうだ。

「良いから黙ってデシラの項目から読みなさい」
うん、にべもない結論になってしまった。
学問に近道はないのだから。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆近藤哲生のNLP資格試験コーチングはこちら
http://kondotetsuo.com/shikakushiken-nlp/coaching/shikakushiken_nlp_coach.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2021年9月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Category Monthly Archives

最近のコメント

2021年9月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

アーカイブ

最近のコメント