NLP: 2020年12月アーカイブ


「マインドマップ資格試験勉強法」公式ブログ版2020年12月25日号


こんにちは。
勉強の進捗はいかがですか。
資格試験勉強法NLPコーチの近藤です。

受験生には無縁(?!)のクリスマスも終わり。
一週間もすればもう大晦日、バタバタと今年も過ぎていく。
その時間の経過はその分だけ受験日が切迫したことを意味する。

そう考えると、合格を果たすまで受験生の気が休まる暇もない。
トホホと嘆きたくなる年末ですが、これもまた仕方ない。
合格できた年には楽しい年末になるのですから。


さて、この時期の多忙に相関して増えるご相談があります。
その事例は下記でご覧になれるようなことです。

「時間管理ってどうするんですか・・・」
「計画通りに予定が進まなくて困っています・・・」

なるほど、それは決して試験勉強に限ったことでもない。
仕事でも同様の悩みは淀みに生じる水泡のように消えることがない。
実際、時間管理関の関連書は次々と出版される訳ですから。

しかし、その手の本を読んで先の問題が解消できるくらいならば、仕事や勉強を思い通りに進めることに困難を覚えることがないのも明白。やれやれ、どうしたら計画通り、つまり上手く時間管理をすることができるのでしょうか。

今回は、合格を目指せる時間管理の方法についてご確認しましょう。


そもそも「時間」とは何でしょうか。例えば、「空間」は「あるものと別のものとの何もないところ」などと言います。それになぞらえると、「時間」は「時の流れのある時点から別の時点までの長さ」となるでしょう。

が、しかし、「時の流れ」自体が何を意味するのか抽象的です。結局、「時間」とは何がどうなのか掴みようがない。そうした対象を管理することは到底できない。それでは考えが進みません。

そこで、太陽の動きという出来事に朝・昼・晩と言うように、「時間」は「出来事の繫がり」としてみます。これでも、「出来事」とは誰が何をどうすることかが不明で、まだ操作不可能。

そこで、「時間」とは「自分が起こす出来事の繫がり」として、出来事つまり時間に関する主体やその様態を明らかにするとどうでしょうか。「時間管理」とは「自分が行動する結果の出来事を取り仕切ること」とできます。

以上のことからすると、合格を目指せる「時間管理」とは、「自分が起こす出来事を『合格を目指せる』ように取り仕切ること」とできます。これで「時間管理」に関するつかみ所のなかった抽象性に具体性を付与できました。

ですから、合格を目指せる「時間管理」とは、これからあなたが起こす結果を『合格を目指せる』か検討する視点から前もって予想して、その想定に適合するように事前に行動を取り仕切ることになります。要するに、合格を目指せると思える行動を予め決めて、そう事前に決めた通りにするように自分の行動を制御することなのです。

例えば、「今日は、21時から24時まで、法令集と過去問集とを付き合わせる」と計画、つまり時間管理の実行を予定したとしましょう。仮にそうであるならば、その開始時から終了時まで決めた対象に決めた通りの行為をする。そのように自分の言動を制御するのです。

決して、その時間に、スマホをいじったり、いうまでもなくラインにはまったりもしない。そうではなくて、まさに自分が予め選択した通りの行いを自分にやらせる。そうする事が、「時間管理」なのです。遡って、その時間管理ができる様に自らが事前に決定した教材で読んだり書いたり理解したりする勉強の予定が「学習計画」です。

そう言えば、「だいいち、管理したくたって時間がないの!」とこめかみに青筋を浮かばせる方もいらっしゃる。しかし、「万人に等しく与えられている最も貴重な財産とは『時間』である」と言われることからすると、その訴えは「時間がないの」では決してない。

そうではなくて、そういうご本人が真面目に自らの身振りをつぶさに記録してみると明白なことがあります。それは自分が時間を敢えて喪失する、つまり自分が望まない結果を生成する行動をしていたことが頻繁に存在すること。例えば、既定の勤務時間に効率的な仕事をせずに頻繁に残業してしまう。その結果、同様に自宅学習の機を逸する。

そうした事を振り返ると、実は「時間がないの!」とする原告こそがそのようにしていた被告だったと言うのが実情でしょう。時間をなくしてしまう時間泥棒とは、ミヒャエル・エンデの「モモ」に出てくるあの存在ではなくて、先の訴えをしているその人ご自身なのです。

あるいは、自身が時間泥棒にならなくても、例えば勉強中に目についたラインの呼び掛けにうっかり応じてしまう(そもそもそのような環境を自分に許してしまうこと自体が問題)。そうするして、自分が勉強すると決めた予定を周りの人たちが阻害する時間泥棒をうっかり許してしまう。

結局、事後的に自らが時間泥棒に落ちてしまうことも多いにあり得るのです。これにしても、結果の有責性は自分自身に帰せられる。そういったことの確かな認識が自らに時間管理を可能にさせるのでした。

もちろん、「自分をキチンと制御できれば苦労はしない」と言う考えもあるでしょう。しかし、そうできない、つまり制御しないことができてしまった事の招く結果という未来を想定するとどうなのかでしょうか。

例えば、自己制御しなかった事の蓄積に由来する勉強不足が受験の結果が不合格という後悔すべき未来になったことをイメージしてみる。それを想定してもなお自分の行為を制御しないことに有能であり続けたいですか。「できない」と仰せならどうぞご勝手に。何せ自己責任の時代なって久しいのでしたね。

以上、「合格を目指せる時間管理の方法」とは、合格を目指す事に有用性を蔵する行動としての仕事から勉強までの仕方までを、何時から何時までに、何に対して、どのように行うかを予め選択する。その選択つまり仕事や学習の計画、それら沿って自らの行動の有用性を担保できる様に、行動がもたらす未来の視点から逆算して、行動とその源泉である感情や思考を制御することでした。


最後に業務連絡。
次の本誌掲載は新年八日からです。

では、皆様ことしもお世話になりました。
新型コロナ感染にご用心の上、良いお年をお迎えください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆近藤哲生の資格試験NLPコーチングはこちら
http://kondotetsuo.com/shikakushiken-nlp/coaching/shikakushiken_nlp_coach.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「マインドマップ資格試験勉強法」公式ブログ版2020年12月18日号


こんにちは。
勉強の調子はどうでしょうか。
試験勉強法NLPコーチの近藤です。

ヤバイ!
本当にヤバイ!!
新型コロナの蔓延は止まる気配がない。
大都市圏の感染者数は最多を連日更新し続けている。

以前に比べ地域的な感染爆発と言っても過言ではないはず。
なぜ、それ相応にエピデミックと報道がされないのか。
現政権への忖度がメディアに瀰漫しているのでは。
本当の事を書くと「干される」からでしょう。


さて、本題の入り口に進みます。
時は年末のど真ん中、多忙であることは確か。
片をつけたい今年中の仕事は待ったなしでしょうから。

その一方、待ったなしであるのは試験勉強も同様のはず。
それについては、以下のようにお感じかも知れません。

「バタバタしてる時に勉強するのって無理」
「試験勉強は来年から始めるし、それって関係ない」
「忙しいときは勉強に集中できないから、年末はやんない」

仮にそうであっても、一日でも早く勉強する事の大切さは繰り返してご案内の通り。今はまだ分からなくても、その意味が後になるほど、特に試験直前期になるほどに痛感されるのですから。

確かに、それに対して「時間がないから無理なものは無理」とする声もあるでしょう。が、しかし、その考えは「本当にそうなの」でしょうか。実際に、「勉強する時間がない」のでしょうか。

時間の問題は有無ではない。
私たちがそれを作るか否かなのです。
事実、そうしている人たちは存在するから。

では、勉強をする時間はどうすれば作れるのか。これまでの題目は動機付けや戦略や戦術でしたが、今回のそれは自己管理です。多忙でも合格を目指して勉強のできる時間生成法です。



忙しい時期、「勉強時間がない」とする人がいる。
対して、コーチングをしてきて僕には分かったことあります。
それは、前述のようにお嘆きの諸氏に共通の特徴があることです。

それは勉強の時間を「キチンと」していること。
加えてその体裁を「チャンと」しようとすること。
更にその対象を「真面目に」しようとこだわることです。


それについてのお考えはいかがでしょうか。
なるほど「それの何がいけないの」とお感じと拝察。
しかし、合格を目指せる人はあまりそうではないのです。
勉強の態度にではなくて勉強の効果性にそうなのです。

合格を目指せる人は勉強の時間が「さあこれからキチンと90分の勉強をするぞ」と全くしていな。そうではなくて、職場の行き帰りの車中といった細切れの通勤時間を活用できる持ち運びできる教材を使った学習に寸暇を惜しんで取り組みます。

加えて、「チャンと机に向かって勉強に集中しよう」と状況や体裁に全然拘らない。そうではなくて、食事中でも勉強できるような例えば聴覚教材をつかって勉強します。

加えて、入浴中なら勉強にビニール袋などで防水処置した教材も使う。分厚い参考書などは自分で分冊して苦もなく持ち歩けるようにしている。サッと取り出せるのでどこでも勉強している。


さらには「真面目に参考書や法令集を読もう」と勉強の対象を限定することがない。そうするよりも、参考書や法令集を読むことと同等の効果が期待できることをする。

例えば、法令に要求される(建築設計の業界で言うならば確認申請のような)仕事を自分からかってでる。そうすれば、なんと勤務時間中に(つまり給料をもらいながら)堂々と試験勉強をすることができるから。あるいは、同僚や後輩に仕事に関わる法令やそれに出てくる算定法などを解説する、つまりティーチング勉強法をする。


要するに合格を目指せる受験生は勉強の体裁ではなくて内容、つまり勉強の効果性に関して「キチンと」「チャンと」「真面目に」している。
そうなるように何かと工夫を凝らす。机に向かって勉強することと同等、それ以上のことに取り取り組む。だから、模試(答練)を活用して、そうした効果性の検証をすることにも余念がない。

そうする行為の数々は「時間がなければ作る」という多忙でも合格を目指して勉強のできる時間生成法となるのですから。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆近藤哲生の資格試験NLPコーチングはこちら
http://kondotetsuo.com/shikakushiken-nlp/coaching/shikakushiken
nlp_coach.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

マインドマップ資格試験勉強法」公式ブログ版2020年12月4日号

こんにちは。

勉強の調子は順調ですか。
試験勉強法NLPコーチの近藤です。

今年もあとひと月あまり。
「1年ってあっという間」と言うのが挨拶がわり。
そういう光景があちらやこちらで散見されるのがこの時期、師走。



その一方、来年の夏、合格を目指して受験するならば、
合格を果たす為に有用な知識の構築を確かなものにするのが、
受験までの時間枠から鑑みてこの時期に行いたいリンキング勉強法。

とは言え、法令集や参考書、
それらと過去問集との間に関連情報を書き込むだけが先の勉強法ではない。

そうではなくて、リンキング勉強法の目的は、
飽くまでも合格を果たす為に有用な知識の構築を達成すること。

過去問の解き方を確実に覚えさせてくれる関連知識を豊かに蓄積すること。

その解き方とは何か。
設問の事例とその可否を判断する根拠、
それらから導く先の可否という結論としての論理。
事例とこれに対応した根拠(法令や算法)との関連知識が必要。
よって、合格を目指す受験生に関連知識の確実な蓄積を求めるのでした。

それでは、関連知識の確実な「蓄積=記憶」はどうすればできのか。
今回のご案内は、合格を目指せる過去問の関連知識を確実に覚える方法です。



まずは、記憶の基本的なご確認から。
その基本は記憶の対象を繰り返し知覚することです。

例えば、何度も繰り返し行き来してそれについて見聞きした商店街。
その街並みを知らぬ間に覚えてしまっていることが記憶の基本を明示している。

または、学生時代に英単語を覚えようとした時のこと。
それを見聞きした方法は単語帳や聴覚教材と様々でも同様に繰り返していた。

あるいは、日頃から知らぬ間にでも繰り返して見聞きしたCM。
覚えたつもりは全くないにもかかわらず、BGMまで鮮明に想起できる。

以上の様に、記憶の基本は繰り返してその対象を知覚することでした。



しかし、そうできる可能性は無限であっても、
試験勉強で受験日までに使える時間はあくまでも有限。

そこで、覚えたいことを繰り返し見聞きするにしても工夫することは有用。
脳に蔵される記憶の仕組みからして、以下の様に最低五回を繰り返すのです。

・2回目は1回目から一日後に
・3回目は2回目から一週間後に
・4回目は3回目から二週間後に
・5回目は4回目から一ヶ月後に

以上の様に覚えたい事柄を次第に時の間隔をおいて知覚する。
すると記憶を司る脳部位は見聞きした対象を記憶として長期に保持する。
つまり数ヶ月先に試験会場でも鮮明に想起できる使える記憶を創る。
よって、今回のご案内する方法は上記のことを基本にします。
法令集や参考書を前述のように時と時の間に読むのです。



しかし、そうしても覚えられない悩みのある受験生が散見されるのも事実。
2回目ならまだしも、3回目以降に覚えていないことに気づいてしまう。
「こんなに繰り返し読んだのに覚えていない」と愕然とする訳です。

そうなる訳は頭の善し悪しなのか。
一考すると頭の悪さを持ち出したくなります。
そうではなくて、ただ繰り返し読むという方法なのです。
つまり頭の悪い人はおらず、頭の使い方の悪い人がいるです。

繰り返して読むこと自体は決して悪くない。
にもかかわらずに覚えることに帰結してくれない。
そうなるのは、ただ読んだだけで流してしまったこと。
つまり読んだことの記憶に関する確認をしない流し読みです。



そうなのですから、
合格を目指せる過去問の関連知識を確実に覚えるには、
時と時の間に繰り返し読んだ後にそうした対象の記憶を確認する。

それを確認する為に、読んだことの要点を暗唱したり書き出したりする。
または手間をかけずに思い出しながらマインドマップにしてみる。
あるいは家族や友人、同僚に話したり教えたりする。
読んだ事を何れにしても表現してみる。
そうしてその結果を確認する。

それを確認した結果が不調なら、
それが補えるように読み直しをして、それをまた表現する。
記憶はその内容を表現することで再構成されて強化されるのですから。

以上を端的にまとめるとこうです。
・覚えたいことを一定間隔で頭に入力する
・入力したことを出力してそのことの質量を確認する
・確認したその質量で不足があったところを再度入力する

「それって面倒くさい」のが正直な気持ちでしょう。
しかし、物事を着実に覚えることは実際にそういうものです。
これが合格を目指せる過去問の関連知識を確実に覚える方法なのです。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆近藤哲生の資格試験NLPコーチングはこちら
http://kondotetsuo.com/shikakushiken-nlp/coaching/shikakushiken_nlp_coach.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2021年4月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2021年4月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ