資格試験勉強法: 2010年11月アーカイブ

合格を目指せるマインドマップの書き方とは

|

マインドマップの講座で頻繁に拝聴する質問がある。
それが「資格の試験勉強でマインドマップをどう書けば良いでしょうか」だ。

 

社労士や税理士など資格試験の合格発表があるこの時期はその質問が特に多い。合格率が1割を割り込む事実を目の当たりにすればその質問が頭をよぎるのは当然だろう。質問の意図は、「合格を目指せるマインドマップの書き方を知りたい」と拝察できる。

 

マインドマップは、限られた時間と労力で結果を出せる頭の使い方だ。試験勉強でも合格を目指せる書き方を知りたくなるのは当然。先の答えはズバリ「合格できるようにマインドマップを書くこと」だ。「何だ、バカにするな」といきり立たないでいただきたい。

 

そのように答えるのは、一部の人たちがマインドマップを綺麗に書けば資格試験に合格できると勘違いをし、綺麗に描くことを試験勉強の目的にして不合格を避けられなかったからだ。ある人は社労士試験で綺麗なマインドマップを書いたが、不合格になり続けた。

 

試験勉強で書くマインドマップは、決して綺麗に書くことを目的にしてはいけない。そうではなくて、見た目は汚く、書いてある絵や漫画は下手くそであっても、「合格できるようにマインドマップを書く」ことが大切だ。

 

合格できるようにマインドマップを書くとは、デシラの窓を中心に試験勉強をして、過去問の解き方を覚えるようにマインドマップを書くことだ。ご覧の通りに回答は2つの部分から成り立っているので2つに分けて順に解説をしよう。

 

第1にデシラの窓とは、拙著「マインドマップ資格試験勉強法」でご案内したように試験に良く出るが解き方を知らない過去問を指す。資格試験の試験勉強は、最低でも5年間、可能なら10年間にわたる過去問を最低5回解くことを中心に進める。

 

5回の解き方だが、ただ解くのではなく、あくまでも記憶の法則にそって解く。ある出題年度のある科目を、一定間隔で52日かけて5回解くようにする。すると、脳の深部に存在する記憶を司る海馬の性質から効率的に過去問の解き方が覚えられる。

 

ところで、なぜ過去問の解き方を覚えるのか。資格試験の本試験問題は、過去問を10年間分解いてみると分かることだが、過去に出題した択一問題や選択問題を集散離合して、過去問の組み合わせで本試験のほぼ8割がつくられからだ。

 

よって、過去問をくり返しといて、その解き方を確実に覚えれば、本試験で8割の問題を解けるようになれる。絶対に超えるべき足きり点をクリアできてかつ次に合格を左右する総合点も稼げる。そうして、より確実に合格を目指せる。

 

第2に過去問をくり返し解いてみて、解けない問いに関しては解説書や参考書を読む。そうして、分かる部分と分かっていない部分を仕訳する。仕訳して分かっていない部分を理解できるように、更に参考書や用語集など読み進めて分かるようにする。

 

まず、この段階で過去問の解き方を理解させる要点をマインドマップで書く。ここで、心配してあれもこれもと時間を割いて書かない。書き方は、過去問の解き方を想い出させる言葉だけを書く。詳しくは拙著や講座でピンポイント勉強法と紹介している。

 

以上のように過去問を最低でも5回解く(これが拙著や講座で学べるリピート勉強法)なかで合格できるようにマインドマップを書く。ところで、最低でも5回と申し上げたのは、そうしてもやはり解き方を覚えにくい過去問が残るからだ。

 

5回解いても忘れる過去問の解き方は、記憶を意識したマインドマップを書いて覚える。大人の記憶は論理と理解によって構築される。だから、過去問を「なぜ」と「どのように」解くのを想い出させる言葉をマインドマップのキーワードにする。

 

さらに、解き方を示す事例や論拠を表した言葉の側に、それを思い出させる引っかかり(記憶のフック)となる漫画や落書き、アイコンなどを色彩も豊かに書きつける。以上が、「合格できるようにマインドマップを書く」ことの概略だった。

 

そうして、マインドマップを書いたら、6回目、7回目と解けなかった問題が解けるようになるまでくり返し過去問を解き、完全に解き方を覚えるようにする。もちろん、この過程でも「合格できるようにマインドマップを書く」ことを強調しておきたい。

 

最後に、「過去問10年分を最低でも5回解くことが難しい」とお感じになるのは正直な気持ちだろう。それを解消する方法が、合格を目指して試験勉強を続けられる自己管理法だ。合格を目指せる学習計画を、合格を目指せるような学習方法で実践する時間管理だ。

 

「合格できるようにマインドマップを書く」ことが合格を目指せる学習方法の1つだ。その学習方法は合格を目指せる学習計画の上に成り立たつ。その学習計画を忙しいなかで実践できる自己管理がもちろん必要だ。以上は資格試験勉強法講座で学ぶことができる。

 

合格を目指せる勉強を始める機会が下記のようにあなたを待っている。
マインドマップの各種講座の修了者は更に特典2も利用できる。

 

12月11・12日、福岡開催は下記からご覧ください。
http://www.kondotetsuo.com/mindmap/shikakushiken/benkyou_fuk1211.html

 

12月25・26日、埼玉開催は下記からご覧ください。
http://www.kondotetsuo.com/mindmap/shikakushiken/benkyou_sai1225.html

 

2021年4月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2021年4月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ