機能する学習: 2021年3月アーカイブ

「マインドマップ資格試験勉強法」改め
「NLP資格試験勉強法」公式ブログ版2021年3月26日号


こんにちは。

試験勉強の進捗はどうですか。
NLP試験勉強法コーチの近藤です。

今月も既に下旬。
来週半ばで月が改まる。
関東以西の各地で桜は満開。

とは言え、目を転じるとそれもどうか。
季節が進んだことは、受験の接近も意味する。
合格を目指して受験勉強により一層の専心が求められる。

今夏、受験の予定ならば、過去問を繰り返し解く。
そうして「デシラ」の克服に邁進すべき時期。
それが春爛漫の今だと言えそうです。

その克服とは「デシル」を脳内に構築すること。
つまり「デシラ」だった過去問の解き方を知り覚えること。

とは言え、そうすることは一筋縄ではいかない。
現にこの時期も以下の様なご相談の絶える事がない。

「過去問の解き方が覚えられなくて勉強がもうヤ!」
「覚えたはずの解き方を思い出せなくて自分が情けない・・・」
「過去問の解き方を思い出すのに時間が掛かりすぎて勉強が大変!!」
それらのお悩みの大変さは、これを長かった僕の受験生期間からして多いにお察し申し上げる。本当に辛いよね。グスン・・・。

しかし、これをなんとかして克服、つまり過去問の解き方を必要な時に自由に想起できるようにならねば、その結果はどうだろうか。本試験の設問の七割が過去問の組みあわせから作成される。このことからして、合格を目指すことが困難であることは言うまでもない。

そこで今回は「過去問の解き方を自在に想起できるようになれる勉強法」をご案内したい。



まず、試験の設問で問われたり、仕事で上司や先輩に訊かれたり、つまり何か想起すべき切っ掛けのあった時に初めて想起される記憶と、それではなくて思うがままに「そう言えば、あの時のイベントは楽しかったわ」と思い出せる記憶とがある。そのことにお気づきであろうか。

そう、ご賢察のように、記憶の想起には前者のような間接的なものと後者のように直接的なものがある。前者は例えば歴史の年号やヤング率といった工学的な数値など自己の経験とは無関係な意味的記憶だ。後者は自己の直接的な知覚に基礎付くエピソードの記憶、いわば体験的記憶だ。

であるからして、前者は自分からして縁遠くあるので覚えにくく想起もしにくい。お気づきであろうが、過去問の解き方はこれに接した当初において「これって何よ」とぼやきたくなるように自己体験とは哀しいほどに疎遠である。比して後者は言うまでもなく失恋の記憶のようにあまりにも身近であるゆえに忘れようもなく想起も自在だ。

そうした前者と後者との違いは、「過去問の解き方を自在に想起できるようになれる勉強法」という合格を目指せるか否かという違いを創る違いとなる。前者を後者に転じる、つまり後者を引き金にして前者を想起する方法を暗示している。

例えば、意味記憶として覚えにくかった労働基準法のある条文を同僚に解説したり、同じだった構造計算のある算法を後輩に教えたりする。あるいは、試験でも頻出問題である確認申請のように建築基準法に関係する諸手続きで関係する行政の窓口とある条文について論議する。

そうすることなどを通して覚えにくいかった、結果として想起しにくかった条文や計算法を取り扱った体験を思い出すことを引き金にして間接的にであっても「そう言えば、あの条文(計算法)って教えたよな」と自分事として思うがままに想起できるようになれる。

そうてた仕事をしながらでも試験勉強として使える方法がティーチング勉強法であった。そのことは、拙著でもご案内の通りだ。だが、「オレ・アタシってまた下っ端だから教えられてばっかだから、そうするのってムリ」という実情もあるだろう。

仮にそうであってもその状況を泣訴するには及ばない。ある記憶に関して制限なく想起できるかそうでないかの違いを創る違いは、その記憶に関わる体験が直接か否かだった。

英単語の意味、まさに意味的記憶のように間接的な事柄の記憶でも、例えば「この単語の意味って『ジョン・ウィッチ』の字幕にあったことね」と言うようなことがあるだろう。自分が直接的に見聞きした事の想起を切っ掛けにしてそれは連鎖的に想起可能になる。そのように私たちは体験的記憶をトリガーにして意味的記憶を想起できる訳だ。

その事はこれに気づくことで、例えばお気にである故に手に取るように店内を思い出せるレストランので大好きなメニューを食しながら、覚えたいのに覚えにくかったある過去問の解き方を何回か勉強する。すると、不思議なことではあるが、あの食事を想起するとその時に勉強していたことを無理なく想起できるようになるだろう。

ある直接的な知覚はそれに関連して知覚された対象という船を記憶の海に確りと投錨する。主観的で強烈であればあるほどに、それに関連した例えば過去問の解き方というような非主観的な事柄を間接的であるにしろ連鎖的に想起させる有用なトリガーとなる。

嬉しかったり楽しかったり、時にドキドキしたりというような体験はその強度に相関してこれに関連することを多いに想起させる。だからといって、ジェットコースターに乗りながらでも試験勉強をしろとは決してお勧めしないが、あることが別のことを想起させることは、つまるところアンカリングそのものだから。

「過去問の解き方を自在に想起できるようになれる勉強法」とは、ティーチング勉強法に象徴される方法だ。自己の直接的な知覚を通して、例えば試験本番でも自分に間接的で意味的記憶としてあった過去問の解き方を「そう言えばこの設問の解き方って、あの時に『教えた(仕事した、勉強した)ことだ」というように想起できる学習法だ。必要とする時にある記憶を自らの意志で無制限に想起可能になれる方法である。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆近藤哲生のNLP資格試験コーチングはこちらhttp://kondotetsuo.com/shikakushiken-nlp/coaching/shikakushiken_nlp_coach.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2021年4月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2021年4月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ